リプリケーションとティアリング

AFA、HDD RAID間のティアリング(階層化)
データーのNASやクラウドストレージへの自動バックアップ

高精細映像ソリューションから、企業組織のストレージインフラソリューションまで

Tiger BRIDGEが実現するストレージソリューション

Tiger BRIDGEはTiger POOLを含むローカルストレージと,他のローカルストレージ,NAS,クラウドオブジェクトストレージとを階層化させ,一連の仮想ストレージスペースを構成します。ローカルストレージに保存されたデータはユーザーが設定したポリシーによって,第二の階層のストレージに複製されます。
また,必要に応じ,ディレクトリー上ではそのデーターは存在しますが,複製済みのデータをローカルディスクから削除しストレージの空き容量を拡張することが可能です。

Tiger BRIDGEはハイパフォーマンスで,安全,かつ,フレキシブルなソフトウエアコネクターとして,貴社のWindowsサーバーにインストールすることで,on-premiseのストレージを第一階層のストレージとし,第二階層のストレージをクラウド上のオブジェクトストレージとして設定することで,二つのストレージを透過的に一体したストレージスペースにすることができます。
クラウドストレージはon-premiseストレージ内のデータのリプリケーション,オーバーフロー領域として使用できる他,地球規模で複数のon-premiseサーバー間のデータ共有を可能にします。

Tiering : 高性能、小容量で高価なSSD Flash Arrayと、比較的安価で大容量のHDD搭載RAID装置をTiger Bridgeにより階層化(Tier)することにより、AFAストレージの有効利用が可能になります。
一定期間アクセスの無いデータは次のアクセスまで自動的にHDD RAID装置に移動し、AFAボリュームの空き容量を確保することが可能です。

Tiering
Tiering

Replication : Tiger BRIDGEはポリシーにより、指定されたデータが、指定された期間更新されない場合、そのデータをNASやクラウドストレージに複製します。
複製データの転送はストレージへの新たなアクセスが無く、データの転送が10MB/秒の場合に随時実行されますので、バックアップ時間を考慮する必要はありません。

Space Reclaim : Tiger BRIDGEはデータが第二階層ストレージに複製された場合、そのデータの元の位置を指すスタブファイルを代わりに置く設定が可能です。スタブファイルは第一階層ストレージのディレクトリー上では元のデータとして表示されますが、実際はスタブファイルに置き換えられ、元データが占有していた場所は新たなデータのアローケーション用に開放されます。
元データがアクセスされる場合、第二階層から直ちに第一階層にコピーされ、アクセスが可能になります。大容量データの場合、データが転送中でも、アプリケーションの指定した場所からデータを読み出すことがでいます。

Space-Reclaim
Tiger BRIDGEの特長

Tiger BRIDGEは,NTFSファイルシステムをそのままサポートしますので、使用中のWindows サーバーにインストールされば、ローカルのファイルシステムを初期化することなく、他のストレージと階層化構成により容量を拡張することが可能です。 Tiger BRIDGEのTier(階層化)構成では、Tiger STORE、Tiger POOL、および、ローカルのNTFSボリュームをプライマリーとして、また、別のローカルディスク、NASボリューム、または、Cloud上のオブジェクトストレージをセカンダリーとして、一元のネームスペースとして構成されます。設定されたポリシーに基づきプライマリーボリューム上のデータは自動的にセカンダリーに複製されます。

Tiger BRIDGEは広く多様なセカンダリーストレージを選択することが可能です。Tiger STOREや、Tiger POOLで構成された共有ボリュームは勿論のこと、Windows NTFSファイルシステムをTierのプライマリー、または、セカンダリーストレージとして使うことが可能です。
また、SMBプロトコルをサポートする全てのディバイスをTiger BRIDGEのセカンダリーストレージとして使用可能な他,IBM社,Qualstar社のテープライブラリーもセカンダリーデバイスとして使用可能です。

更に,以下のクラウドストレージを簡単にセカンダリーストレージとして構成することができます。

  • Amazon AWS S3オブジェクトストレージ
  • Microsoft Azure Blob ストレージ
  • IBM Cloud OpenStack Service (COS)
  • Data DirectNetwork Web Object Scaler (WOS)

Tiger Bridgeの設定項目でSpace Reclaimが選択された場合,設定ポリシーに従ってプライマリーストレージのデータをセカンダリーストレージに複製し,更に,複製されたデータはStab Fileと呼ばれるポインターを残し,プライマリーストレージから削除します。このSpace Reclaim機能により,プライマリーストレージから複製済みのデータが削除されることにより,新たな空きスペースを確保することが可能になります。
更に,Stab Fileはディレクトリー上ではファイルが存在したロケーションにそのまま残され,ユーザー,アプリケーションがそのファイルをオープンすると,セカンダリーストレージからStab Fileの位置に呼び戻され,開くことができます。

Space Reclaimの設定ポリシーは管理者に有効なストレージ管理手段を提供します。例えば,プライマリーストレージの使用率が75%に達したら,設定ポリシーに基づき,例えば,アクセスが12週間されていなファイルをセカンダリーにリプリケートし,Stab Fileと入れ替わりに,プライマリーストレージからデーターを削除するこができます。また,これらのユーザー設定に基づかない場合も,マニュアルでデータを複製,削除することが可能です。

Tiger Bridgeはパーシャルリトリーブをサポートします。Smart Retrieval Engineはユーザーや,アプリケーションがあるファイルの特定な位置にアクセスする場合で,そのファイルがStab Fileに置き換えられている場合でも,その特定位置からデータを読み込むことを可能にします。この機能は,例えばStab File化された大容量の映像ファイルを読み込む場合に,編集者は全部のデータを読み込む前に,必要な箇所からの編集を実行できます。また,Stab File化された大容量映像を全データの読み込みを待たずに再生することが可能です。

データのブロックを転送する他のクラウドゲートウエイソリューションとは異なり,Tiger Bridgeはファイルを転送します。即ち,同じファイルやフォルダー構造をそのクラウド内に構築されたサーバーからローカルディスクの様にアクセスすることができます。幾つもの仮想コンピュータからデータを同時にアクセスできますので,例えば,顔認証,トランスコーディング,ビッグデータ解析や,その他のコンピュータパワーを必要とするアプリケーションに対応するために,現行のシステムを変更することなく,簡単に最適な環境を構築することができます。

Tiger BRIDGEはポリシーベースで保存されるべき貴重なデータのバックアップを行います。ポリシーには以下の様なモードが選択可能です。

  • Automatic Data Replication : 指定した期間、ファイルにアクセスがない場合、Tiger Bridgeは自動的にそのファイルを第一階層のストレージから第二階層のストレージに複製を行います。 結果的に二つのデータコピーができます。必要な場合、Space Reclaimオプションを設定し、第一階層のスペースを確保します。
  • Space Reclaim : ファイルサイズが指定した容量以上で、指定した時間アクセスが無い場合、そのファイルをStub Fileとよぶポインターに置き換えて、第一階層のストレージから削除します。例えば,10MB以上で,100時間以上アクセスされないファイルをStub Fileに置き換えて、第一階層から削除します。このデータの状態をNear Lineとよび、Stub化されたファイルにオープンのリクエストがあった場合、直ちに第二階層からデーターは取り出され,元の場所に保存されます。第一階層へのデータ転送の間でも、アプリケーションがリクエストしたオフセット位置からの読出しが可能ですので、転送待ちは大幅に軽減されます。
  • Archive : 第一階層のストレージでStub Fileに置き換えられて削除されますが、このStub FileはNear Lineではなく、Off lineという設定になり,第一階層のディレクトリから直接データを取り出すことはできず、管理者のTiger BRIDGEからのみ取り出すことが可能になります。
  • Overflow : 第一階層のストレージが指定された容量のしきい値を超えた場合、更新日の最も古いファイルからStub Fileに置き換えられ、第一階層のストレージから削除されます。このオペレーションは指定されたしきい値を下回るまで継続します。
  • Sync : 複数のサーバーが同一クラウドの第二階層のボリュームを共有し、あるサーバで新規ファイル/フォルダーが作成され、クラウドストレージにReplicateされると、他のサーバーにそのインスタンスのStub Fileが送られます。
    更に、1つのサーバーでファイル操作が行われた場合、その内容の属性情報は各サーバに送られ、Stub Fileは更新されます。 その時点でどのサーバーからでも、クラウドボリューム内のデータにアクセスすることが可能になります。

以上の他,Data Life Cycle ポリシーに関しては,更に細い設定が可能です。

フォレスト、ドメイン内のActive DirectoryにTiger BRIDGEを組み込むのは簡単です。Tiger BRIDGEはNTFSファイルシステムをサポートファイルシステムにしています。その結果、ファイルシステムに設定されたACLは透過的にTiger BRIDGEが管理するストレージにも適用されます。

柔軟な構成

Tiger BRIDGEは既存のファイルサーバーのストレージを他のストレージを第二階層のターゲットとして、簡単に拡張することが可能です。
ターゲットストレージは他のローカルストレージ、SMB共有ボリューム、クラウドオブジェクトストレージ、更に、LTOライブラリーも可能です。
ローカルボリューム間で第一階層,第二階層を構成する場合,AFA(All Flash Array)と従来のHDDベースのアレー装置を使用すると高速SSDティアリングストレージが構成できます。アクセスの高いデータは常にAFAに保存され、アクセスの少ないデータはHDD Arrayに保存されますが、一旦ファイルへのリクエストがある場合、AFA-HDD Array間のIOスピードでデータはAFA側に呼び出されますので、高価なAFAのROIを限りなく実現することが可能です。

Tiger BRIDGEはローカル単一ファイルシステムや,プールボリュームを第一階層にし,様々なターゲットストレージに論理的に拡張することができます。

Tiger BRIDGEは第二階層のストレージとして、Amazon S3やMicrosoft Azure Blobのオブジェクトストレージをターゲットにすることで地球規模でのソリューションを構成することが可能になります。

  • Disaster Recovery : 万一の災害時に他のサイトにサーバーを用意し、Tiger BRIDGEをインストールすれば、直ちにクラウド上のデータを確認し、アクセスすることができます。
  • クラウド環境への安全で迅速なマイグレーション : Tiger Bridgeはファイルベースでクラウドストレージにデータを複製します。その結果、オンプレミスからクラウドへの移行に際し、データは常に最新に更新されます。結果、クラウド上のデータはクラウドに構成したサーバー/アプリケーションから安全に、短時間でアクセスすることが可能になります。
  • Geo-Replication & Migration : Tiger BRDGEがインストールされたサーバーが世界規模で配置されていおり、共通のデータを共有する場合、同じクラウド上のストレージインスタンスを共有することで、世界規模でのファイルサーバーのデータ共有が実現します。各ファイルサーバー間の同期はstub fileを交換することで維持されます。
システム要件
  • 64bitプロセッサー搭載のサーバー
    Note:Tiger BRIDGEの第二階層のストレージをクラウドストレージとする場合、Tiger BRIDGEは各プロバイダーが提供するAPIを使用します。プロバイダーが提供するAPIは接続するサーバーに負荷をかけます。各クラウドストレージのプロバイダーが指定する最小CPU用件をご確認ください。
  • OS: Microsoft Windows7/server 2008R2(64bit), Windows8/server 2012/2012R2 (64bit), Windows10/server 2016 (64bit)
  • 物理メモリー容量:4GB
  • ストレージ空き容量:30MB
    Note:Tiger BRIDGEはデータベースを使用してストレージ内のオブジェクトの管理を行っています。管理するファイル、フォルダーオブジェクトの増大に従って、データベース容量は増大します。例えば、Tiger BRDIGEが100万のファイルを管理する場合、データベースの容量は約100MB程度になります。このデータベース容量の増大に余裕がなくなると、Tiger BRIDGEはその旨のエラーを返し、動作を停止します。  
  • TCPポート8536, 8537がFirewallでブロックされていないこと。

ソースボリューム(第一階層ストレージ)の要求事項

Tiger BRIDGEは、既にコンピュータにマウントされ、稼働しているNTFSボリュームで、リードライトが認可されているボリュームをサポートします。

ターゲットストレージ(第一階層ストレージ)の要求事項

  • AWS S3、および、互換オブジェクトストレージ
  • Microsoft Azure Blob Storage
  • IBM Cloud Object Storage
  • SMB/CIFS nework share
  • Direct Attached Storage include AFA or Any array