複数ボリュームをプールしてスケールアップ

複数のファイルシステムをデータをそのままにプール化
統合ストレージスペースから任意のボリュームを外すことも可能

急激なデータ増加、厳しい予算にソリューション

Tiger POOLの特長

Tiger POOLは,複数のボリューム(NTFS file system)を統合し,仮想プールボリュームを構成します。その結果,全ての保存データはロジカルに配置され,一元のネームスペースでアクセスすることができます。
ネームスペースの合計容量は全てのボリュームサイズに相当します。プールを構成するボリュームにそれぞれ最大容量の制限があっても,合計容量がデータを保存することができる容量になります。。

Tiger POOLはプールを構成するメンバーボリューム間でのデーターの移行を通常のディレクトリ内でのファイル,フォルダー移動と同様に簡単に行うことが可能です。勿論,この間オープンされているファイルは移動ができませんので,除外されます。 この機能は,古い既設のWindows NTFSストレージを新規のストレージに切り換える作業を著しく簡単に且つ,短期間に行うことを可能にします。データの移動が完了すると,既設のストレージをプールから外し,Tiger Store/Tiger Poolの管理下から外すことで作業は完了します。

Tiger PoolはActive DirectorのACLのセキュリティーを完全にサポートします。統合されたボリュームではそれぞれのメンバーボリュームで事前に付与されたファイル,フォルダへのアクセス権に基づき,アクセスがコントロールされます。

Tiger Poolは複数のボリュームを統合し,ロジカルな大容量のストレージスペースをSMB/NFSプロトコルを経由して,無限のクライアントに提供できます。複数のストレージボリュームをロジカルに統合することで,ストレージインターフェースの総帯域がストレージコントローラのポート数に応じて増大しますので,ネットワークポートを10GB/40GbEと大容量化させたり,チーミングで帯域幅を増やすことで,データへのアクセス性能が大幅に増大します。

Tiger Poolは複数のボリュームを統合し,ロジカルな大容量のストレージスペースをSMB/NFSプロトコルを経由して,無限のクライアントに提供できます。複数のストレージボリュームをロジカルに統合することで,ストレージインターフェースの総帯域がストレージコントローラのポート数に応じて増大します。ストレージスペースへのアクセスはあくまで一元的なディレクトリですが,ストレージスペースを構成するメンバーボリュームに存在するフォルダーへのアクセス性能はそのボリュームの性能をそのまま引き継ぎます。

Tiger Poolはフォルダ/ ファイルが新たに作成される場合,通常は最も空きスペースが大きいメンバーボリュームにそのフォルダ/ファイルを配置します。また,これらの新規作成されたインスタンスを最もアイテムが少ないメンバーボリュームに配置することも可能です。

データ増大に合わせストレージ拡張の柔軟性

既設のファイルサーバーにTiger STOREをインストールするだけで,ファイルサーバー兼IP-SANコントローラに変身。最適化されたSMB/NFS共有サービスに加え、Winsdows, Mac OSX, Linuxクライアントからネットワーク経由でストレージにダイレクトにSCSIプロトコルでブロックアクセスが可能です。

Tiger POOLは複数のストレージを一元のストレージスペースにします。しかし、プールのメンバーに加えられてストレージの物理インターフェースはそのまま使用されます。データが各物理ストレージのアレイ/コントローラ/インターフェースに分散される事により、全体のデータに対するアクセスバンド帯域を拡張することが可能です。
大容量映像データの場合、同一アレイボリュームへの同時読み書きはオペレーションのコンテンションを生じさせ、ストリーム障害の原因になりますが、Tiger POOLで構成されたストレージは、一元のストレージスペースですが、プールメンバーのストレージにデータを分散配置することで、安定したストリームの読み出し、書き出し性能を実現可能です。

Tiger BRIDGEを使用して、Tiger POOLで拡張した大容量データ用ストレージをオンプレミスのNASやクラウドストレージへの自動バックアップを構成することが可能です。詳細説明
Tiger SPACESを使用して、Tiger STORE/POOLにより数百テラバイト、または、ペタバイトの共有ストレージで構成した場合の、データのセキュリティー、アカウントアクセス権、ログインーログアウトの記録、更に、メディアデータの最適化、Proxy化を行うことが可能です。詳細説明

システム要件

Tiger POOlはTiger STOREがインストールされているサーバーに追加モジュールとしてインストールが可能です。>> Tiger STOREに関するシステム要件を確認する。

Tiger POOLで統合されたストレージスペースへは、Windows、MacのTiger STOREクライアントでそれぞれ統合されたPOOLボリュームをマウントすることが可能です。

Note:LinuxベースのTiger STOREクライアントはTiger POOLで統合されたストレージスペースをマウントすることができるません。Linuxクライアントは総合前のボリューム名でそれぞれのボリュームをマウントする必要があります。